駐車場経営や飲食店の開業│事前の立地調査が大切です

お知らせ

工場を設置するときは

工場

大阪で工場を開こうと思っている方は、自社専用の工場を設置するか、貸工場にするか迷っている方がいるかもしれません。大阪に自社工場を設置するとなると、その設置費用に対してかなりの額を投資する必要があります。その資金を持っている方ならいいですが、資金不足で金融機関から借りる場合は、ある程度の採算が見込まれている必要があります。そもそもお金が回収できないような工場の経営プランなら、金融機関から借り入れることができないので、まずはしっかりとした計画を考える必要があります。また、仮にお金を借りることができたとしても、もし経営が立ちいかなくなり経営破綻した場合は、工場の設置に投資した金額は無駄になってしまう可能性があります。しかし、大阪の企業から貸工場を借りた場合は、そもそも自社工場のように自費で工場を設置する必要がありません。また、仮に倒産したとしても初期投資がおさえられているぶん、被害を最小限に食い止めることができるでしょう。貸工場の魅力はそれだけではありません。貸工場は各地に点在しているため、もし自社を他の地域に移転することになっても、新しい貸工場に移るだけでいいのです。もし自社工場なら工場そのものを移転するだけで時間がかかり、その期間工場は運用停止になるかもしれません。せっかく投資した工場を移転したくない企業は、自社ビルだけの移転になるかもしれません。その場合は、遠くに移転した自社ビルと工場を行き来することになり、それだけ時間の無駄になります。貸工場なら低コストで素早く移転できるため、移転先の近くにある貸工場を探すだけで手間がすみます。このように大阪に工場を設置するときは、貸工場を借りた方がメリットがあるのです。